丹沢在来種ヤマメ産卵床造成

1_20191019174602037.jpg



今年も、この季節がやってきたかと思えるのは今年で3回目だったかな・・・

丹沢某所に生息する丹沢在来種ヤマメの為の産卵床造成

初めて参加した時は右も左もわからず、アタフタしてました

当日の数日後に台風19号が上陸すると言うが今更変更できないのが悲しい

でも我々釣り人では滅多にお会いできない研究者もやってくるので

色々な意味で楽しみにしていた


2_20191019174604da4.jpg


せっかくなので(禁漁前です)行く途中に本流ヤマメを狙う

かなりよい感じではあるのだが、水量は少ないかんじ

1時間半ほど、楽しんだがノーフィッシュで終わった

真っ赤な婚姻色の鼻曲りを期待したんですけどね、甘くはない

集合場所へ車を走らせた


3_20191019174605881.jpg


久しぶりにあう研究者、顔馴染みの学生達と挨拶を交わし

二班に分かれて、産卵床造成が開始された

初めて参加する学生を、すっかり行程を覚えた私が教える

我々年配組は、よさげな場所をみつけて掘り起こす

適度な水深を作ってからこぶし大の石を敷き詰めた


4_201910191746075fb.jpg



ふるいを使って、適度な礫を沢山集める

しかし場所が場所だけに、良い礫が集まらず苦戦する学生

均一にこだわっているせいもあるので、多少の誤差があっても大丈夫とアドバイス


5_20191019174608da8.jpg



水量が少ない為に、濁りが取れなかったが30分ほどで透明流れになった

こぶし大の石を敷き詰めて、準備万端だ


6_20191019174610718.jpg



学生が一生懸命に集めた礫を丁寧に敷き詰めると、それらしくなってきた

礫を、よそから持ってくるのではなく現地調達というのが大変なのだ

でもそれは、誰にでも作れるということもいえる

実際、私もやり方をマスターして単独で源流域で造成したことがある


7_201910191746115d7.jpg


良い感じの産卵床でしょう~早速ヤマメがこないかなと見てましたが来ず

私がヤマメなら、一番乗りでやってくるのだけどねwww


8_201910191746133f2.jpg


しばらく見てると、やってきたのはサワガニ君

しかも大きなミミズを咥えて、やってきました

サワガニがヤマメの卵を食べてしまわないか心配になりました

、3箇所の産卵床を造成し終了となりました



9_2019101917461430b.jpg


参加者全員でランチ~今日はカマスのフライ定食

カマスのフライが珍しかったので注文しましたが

とっても美味しかったですよ~

昼食後、シンポジウムがあるので来てくださいといわれ参加しました

内心・・・釣りがしたかった訳ではないですよwww



10_20191019174616092.jpg



地元NPO会長の凄く貴重な丹沢サクラマスの写真

こんなのが某河川に泳いでいるのかと思うと燃えてきますね



11_20191019174617476.jpg



研究者による論文の発表となり、丹沢のヤマメの研究

ヤマメとアマゴの生息分布の話など



12_20191019174619ed5.jpg



東海方面の河川で活躍する研究者の話もありました

富士川、大井川を中心にアマゴ、ヤマトイワナなどを研究した論文には

納得する内容や初耳の内容など多く感心してました

リニアの工事による、河川への影響の話などもあり

便利な世の中というのは、自然と引き換えになるというのは

複雑な心境にさせられました



キャッチ&クリーン丹沢中津川は予定通り

10月27日(日)に開催します





ブログ村 渓流ルアーランキングへ


応援クリックしてね↑











関連記事

コメント

山猿

活動お疲れ様でした。
産卵床私も作ってみたいです。
今度、教えてください。
わき水があるより砂利があれば良いのでしょうか?
沢ガニでは食べきれないほど卵がを産むと思うので
大丈夫だと思います。

相模の釣師

山猿 さん
コメントありがとうございます
本流だと湧き水が有力になってきますが支流などでは
水温は低めだと思えるので適度な理想の砂利があると
適した場所だと思います。イワナは繁殖能力高いので
アマゴの自然繁殖に力をいれるといいと思います。
機会があったら、手伝いに行きますよ~

花屋のいちろー

産卵床作りお疲れ様でした。
僕、産卵床作り計画していたのですが、台風やら雨やらで三週連続中止に…今年はもぉ止めにしようかと思ってます…。

産卵床作りはいつ行うか難しいところですね。早いと台風が…、遅いと産卵する個体も出てくるでしょうし…。
そこで来年は夏の終わり頃から釣りの合間に少しずつ何ヵ所も作っていこうかと考えています。

相模の釣師

花屋のいちろー くん
今シーズンは台風に泣かされたね~恩恵はなく被害だけだもんね
産卵床はタイミングが重要なので今シーズンは無理だろうね
自然産卵ですら危うい感じです。
作るなら9月末~10月一杯がベストじゃないかな丹沢なら。
非公開コメント

プロフィール

相模の釣師

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです!

月別アーカイブ