サクラマス発眼卵放流その後

1_20191015182831262.jpg



台風19号で被災された方々お見舞い申し上げます


台風後に、この記事は意味がないように思えましたが、

一応その後として記事にしました

当日、協力してくれた方々ありがとうございました


発眼卵放流を実地して、ほぼ毎日のように様子を見に行ってました

水温を計ってみたり、水量、水質などをチェックしたり・・・

当然、ちょっと時間がある時は釣りもしましたが2トンでは辛いだけでしたね

でもダム下仲間らと釣り談義したりするだけでも楽しい時間でした


2_20191015182832b6d.jpg


ダム下で満開の秋桜(コスモス)をみてると癒されます

そして丹沢水系に禁漁期間が迫っているという実感もします


3_20191015182833d2c.jpg


発眼卵放流場所に到着、放流した日は4トンでしたが当日は2トンの水量でした

水量の差があると、放流した場所の選択がシビアでないとだめだと実感できます

孵化してから、泳ぎ出す年末年始あたりの水量を予測する必用があるとおもいます


5_20191015182836585.jpg



知り合いからいただいた孵化したヤマメの稚魚画像です

イメージになりますが、実際は礫の隙間でじっとしていると思われます


6_2019101518283764a.jpg



通称フラッシュ放流のようですが台風19号の影響で中止したでしょうね

河川環境の改善となってますが、もう少し早くして欲しかったな



4_20191015182834301.jpg



虫かごに入れた発眼卵の場所です大小混ぜた礫が良い感じですね

当日の水温は17℃くらいだったので順調に下がっている感じです

フラッシュ放流よりも、台風19号を心配して台風上陸2日まえに

せめて虫かご発眼卵だけでも、台風後に発見したいと思い

そばにあった大岩から設置場所までの寸法を測り、減水し濁りがとれたら捜索する予定です


7_20191015182839fd4.jpg



いわずとしれた、相模川最上流にある支流・・・・

サクラマス発眼卵放流当日にある方から、この川に放流して欲しいと

言われたのですが、当然ながら簡単に放流出来るはずもなく

多くのデータを必用とします、釣り人のエゴならまだしも

釣り人の都合で発眼卵放流は、してはならないと強く思えるからです

多くの調査が必要と説明はしましたが、自身で調査するくらいの

気持ちを持って言っていただくとうれしいのですが・・・


今回は、たまたま近くで仕事があり時間ができたので軽く調査してみました



8_201910151828409dc.jpg


平水時の水量は相当少ないようです、私も以前(10年くらい前)通った

時期もあり、上流部の様子もわかっているつもりです。


9_20191015182842042.jpg


相模川合流付近近くにある砂防堰堤、この水量だと

仮にサクラマスが遡上しても増水待ちとなるでしょうね

水深も浅いので、ここには居着く可能性も低いでしょう


10_201910151828434f7.jpg



支流の下流とはいえ、水温は高いですね~

ここでの発眼卵放流は難しいね


11_20191015182845cbb.jpg



相模川との合流付近の様子、画像でわかるとおり水深はないです

発眼卵放流は、考えられないですね。

しかし、下流にある支流の中津川を選ばなかったサクラマスは相模川を遡上します

小倉橋の放水路で止まってしまう可能性が考えられ

そういったサクラマスの最後の産卵手段として、この支流を選ぶ可能性は感じます

当然ながら条件付(サクラマスが泳げる程度の水量)となると思いますが。

この先、相模川サクラマスとして魚種認定が受けれれば

この川の改善が必用となり着手する期待は持てるのかもしれません。






ブログ村 渓流ルアーランキングへ


応援クリックしてね↑










関連記事

コメント

山猿

この時期に21度は高すぎですね。
水深、水量、日陰が欲しいところです。
川も直線的になり魚には厳しい環境の川が多いですね。

相模の釣師

山猿 さん
私が見る限りでも厳しいのがわかります
そもそも水量がすくないのがネックだし候補には無理があります
もう少し上流域は木々が追い被さってはいますけどね。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

花屋のいちろー

発眼卵放流に適す適さないは詳しく知ってる訳ではないですが、釣り人目線で写真を見た感じでも、余り魅力を感じる流れではないですね。
水量があれば水温も、もう少し低く保たれるんでしょうが、この状態だと…

相模の釣師

花屋のいちろー くん
放流作業を通じて色々と思えるようにもなると思えるんだよね
いちろーくんも、きっと経験したからこそわかるとおもうしね
やたらと放流しても無責任になってしまうし、でも私が時間をかけて
調査してみますよ~

相模の釣師

Re: 秘密さん
やはり、あの工場に問題があったのですね。
水産試験場でも調査したりした過去があるらしく
昔は良かったらしいです。現在では乏しい魚種とのこと。
カワムツが増えてるのは辛いですね、恐らく昔に放流された
琵琶湖産アユに混じって入った琵琶湖産カワムツでしょうね。
でも何かをキッカケに元に戻るかも知れないのなら
サクラマスは可能性を感じます。
コメントありがとうございます。また、よろしくお願い申し上げます。
非公開コメント

プロフィール

相模の釣師

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです!

最新情報

月別アーカイブ