サクラマス発眼卵放流実地

1



遂に、この日がやってきた・・・・・

御世話になっている宮下養魚場さんからサクラマス発眼卵を寄贈して頂けることになり

一週間前から急遽慌しくなり、いろいろと大変な一週間でした

この日の為に、水温を計りに連日いったりと何とか成功したいという気持ちだった

そして、ここ数年にわたりサクラ関連のイベントなどで知り合った

方々の中で、特に真剣で信頼でき、住まいがフィールドからも近いという条件で

数名の仲間に手伝ってくれないかと声をかけさせていただきました

出来る限り、皆さんで管理的なことも視野に入れていたのでした

前日のこと、連絡があり養魚場見学もセットになっていたイベントでしたが

急遽、養魚場見学は中止となりサクラマスの発眼卵を持って来て頂けることになりました

養魚場見学を楽しみにしていた方々もいたので、私は四苦八苦・・・汗

謝り倒して許していただきました・・・・・

漁協にも駐車場の件で理事にお願いしたり、当時までてんやわんやでした


当日の予定はサクラマス発眼卵放流→ランチ→ダム上ゴミ状況調査です


2_20191013082819222.jpg


続々と参加者が駐車場に集まり談笑タイム、一時間ほどで養魚場さんが到着

一同で歩いて漁協に受け取りに向かいました

そこでサクラマス発眼卵の取り扱いに関して宮下養魚場さんから説明をうけました

振動、高温(温度変化)、紫外線に気をつけるという指導を受けてました


3


いざ、放流場所へ全員で移動しました~

っとその前に私が以前お願いしたキャッチ&クリーンの告知がトイレに掲示してありました

漁協さんありがとうございます♪



4_20191013082821c48.jpg


現地に到着後、小平さんから簡単な説明と挨拶をしていただき

私が前夜に探し回って揃えた熊手を各自持ち産卵に適した場所を掘ります

同時に沈殿した泥を除去する目的もあり派手に広範囲に掘り進めます

サクラマス成功の為には努力を惜しまずですね


5_20191013082823c7d.jpg


サクラマス発眼卵の仕訳け作業です、白くなった発眼卵を取り出します

一緒にするとカビが移るそうです。紫外線が当り難いケースに移します

眼が動いたりするんですよ~発眼卵ってwww

約3000個のサクラマス発眼卵です


6_20191013082824b28.jpg



熊手で掘り起こした場所の底に礫を敷いて、パイプを差し込みます

このパイプは仕事で余ったパイプを数本用意させて頂きました

15cmほど掘るんですよ~

紫外線避けの傘持ち係、パイプ係、礫係、卵係と多くの手伝いが必要でした


7_2019101308282558b.jpg


そのパイプに紫外線にあてないようサクラマス発眼卵をスプーンで

優しく落としいれます、そして凄くゆっくりと回しながらパイプを引き抜きます

それと同時に他の方が徐々に礫を優しくかけるように乗せたら終了です

マーキング用の石のスプレーで色付けして置いていきます


8_201910130828277ca.jpg


綺麗なサクラマス発眼卵でしょう~可愛いですね

本当に愛おしくなりますし、心が洗われる瞬間でした

もう参加者全員で感動の嵐でしたからwww


9_201910130828299b6.jpg


対岸側と中央付近に計14箇所にサクラマス発眼卵を埋めました

各場所にマーキング石を設置、簡易的に設置場所もノートに控えました

そんな最中に川の妖精さんが生まれたままの姿で登場したりして

スペシャルサプライズゲスト的な感じになったのは言うまでもありませんwww

みんなで純粋な気持ち熱い気持ちとなり一生懸命に取り組んでくれました

感動しまくりで、時間を忘れて川をいつまでも眺めていました


当日のデータ

天気 快晴 気温28℃

サクラマス発眼卵 約3000個

水温19℃前後

設置場所 14個 (内 虫かご2個)

(有志メンバー)発起人小平氏、奥様、相模の釣師、カズさん、ツケさん、Sさん

Nさん、Sくん、Yさん、花屋のいちろーくん夫婦、中津川の妖精?


10_201910130828302da.jpg


参加者で記念撮影~達成感に溢れる笑顔ですね


その後、これまた御世話になっている知人がいる清川村にあるイタリアンレストランへ

清川村の恵水ポークを使ったパスタやソーセージ、生ハムなどを

残ったメンバーで堪能させて頂きました


そこから、乗り合いで移動し中津川(ダム上)のゴミ調査

色々な場所にある不法投棄をチェックして終わりました

すっかり日が暮れてしまいましたが、皆さんお疲れなのに笑顔でした

本当に手伝ってくれた皆さん、ありがとうございました

きっと台風19号を乗り越えてくれると信じています







ブログ村 渓流ルアーランキングへ


応援クリックしてね↑










関連記事

コメント

花屋のいちろー

当日は季節外れの気温の中、お疲れ様でした(^-^)。
魚卵と聞き真っ先にイクラを思い浮かべ、それに礫で軽くとは言え埋める…なんて聞いた時は潰れるんじゃないかと思いましたが、以外にも卵の外皮は弾力があり驚きました( ゚□゚)。イクラとは別物ですね!!。
貴重な体験をさせていただきありがとうございました(*>∀<*)ノ。
放流だけで、その後のC&Cのゴミのリサーチに参加出来ずにすみませんでした( ノД`)…。

台風後に川を見に行ったのですが……余りの濁流に言葉を失いました…
しかし、自然界では良くある事で、大水が出たからとその川の魚が居なくなってしまう事はないので、生き残ってくれてる事を願うだけですね。



3110tkj

呼んでくださって、ありがとうございます。
大変心に残る、貴重な体験をさせて頂きました。
あとは壊滅的な状況の中でも、彼らの生命力に賭けるだけです。
自然の中で私達の力など、無力に等しいのでしょうが、サクラマスの戻る川目指して、みんなで少しずつでも前へ進めて行きましょう!

相模の釣師

花屋のいちろー くん
ほんと養魚場見学中止は申し訳なくごめんね
若い、いちろー君が参加してくれたのは嬉しかったです
発眼卵放流の方法など言葉や文章では伝わりにくいので
実戦してもらいよかったと思います。奥様が休む日陰があったのも
幸いでした。
台風で大変な状況ですが減水したら虫かごだけは捜索する予定です
ダム上ゴミパトロールはチェックだけなので気にしないで下さいね
ほんと、ありがとう~

相模の釣師

3110tkj さん
今までのイベントのなかで、複数回あっていくうちに
本気で取り組んでくれそうな方の一人が3110tkj さんでした
仕事が忙しく時間の調整は大変だと思いますが、これからも
みんなで力を合わせて頑張りましょうね。
当日は、ありがとう♪これからも、よろしくです。

山猿

綺麗な卵ですね。
みんな無事に孵化して海に降って欲しいです。
ただ、石の隙間に卵を入れていくわけではないんですね。

相模の釣師

山猿 さん
本当に綺麗ですよね~感動しました
孵化は出来ると思えますが生存競争が心配です
石は小石を被せるようにするのが一般的みたいですよ~
非公開コメント

プロフィール

相模の釣師

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです!

月別アーカイブ