• 2018ラストは相模湾アジング
    東京湾のアジングが不発に終わりかけていた昨年末東京湾アジングで釣り納めを考えていた最中にあの男から連絡が入った・・・・あの男とは、湘南鱒釣師である私と同じマルチアングラーでもあるので、海の情報交換もすることが多いのである・・・・・アジ釣れるとこ見つけたから、行ってみようよと誘われのこのこと、彼の誘いに乗っかったのである東京湾で不発だったので、アジングゼロという不本意なシーズンになると思われていたの...
  • 横浜ベイエギング秋の初陣
    エギングを始めて、すでに20年近くになると思う10年くらい前からのエギングブームにより行く回数は減ったここ10年、春の大型アオリ狙いが中心となっているがたまに、秋の新子が食べたくて狙うことがある釣具屋を覗けば、昔じゃ考えられないほどのエギの種類もうついていけないほどの種類の多さだたまに購入するエギも、ワゴンセールの安価なものばかりそれで十分釣れると思うので、新作には手が出ない本気モードの時に愛用す...
  • 湘南メッキ開幕
    夏の終わりが近づく9月上旬にメッキ調査にでかけた場所は湘南エリア(相模湾)ここ数週間は、ショアもオフショアも台風の影響で思わしくないのである、なので余計に気になっていた病気療養を兼ねて、渓流から少し離れてみることにしてソルトルアーに移行をすることにした久しぶりに、メッキ用ルアーを探し出しタックルもチェックとりあえず、楽しめる一通りに道具が揃った今年も湘南メッキスタイルで挑むこのスタイルの由来は、湘...
  • 終盤の伊豆アオリイカ
    ここ10年、渓流ルアーがメインとなりつつ釣りジャンルの割合は8割トラウト類、2割が海釣り全般という感じである10年以上前になると、その割合は逆である一年中、海釣りに熱中し気が向いたときにだけ山へ行っていた特にエギングには熱中し、周年エギングをしていた気もする海へ行く回数が減ってきた昨今、アオリイカを釣り上げるのも年間で数杯となり、以前は50杯以上釣り上げていた時期もあるどうにかエギング、もしくはヤ...
  • 春のエギング開幕IN駿河湾
    春のエギングといえば、シーズン中に最も大型を釣る事が出来る季節4月~6月が一番の狙い目とも言われ私も10数年前から、この季節はソワソワしてしまうしかし昨今、本流の大物や遡上系を狙うようになり春のエギングからは遠ざかってしまったとは言え、回数は少ないものの3回くらいは行っているこう見えてエギング歴は、かなり長いし一時期は渓流よりも力を入れていた時期もあったほどまぁ相模の釣師マニアならば、昔の記事でわかっ...
  • 東京湾〆アジング
    とある某日にツケさんと共にショア〆に向かった東京湾アジングシーズンは終了といったところか誰もいない・・・カゴ釣師さえ3名だったここ数年、ツケさんとショア〆を行っているのだが釣れたことがないというジンクスが付き纏う儀式ですからと言うものの、釣りたいに決まっているさてどうなることやら・・・・・都会の工場夜景を眺めながらタックルをセットするっがしかし、予報どおり風が4m~5mアジングには厳しすぎる状況だ...
  • 東京湾横浜アジング終盤戦に突入
    12月ともなると、すっかりアジンガーの数も減りおまけにアジの活性も下がり回遊も減ってくる季節となります終盤戦と入っても、すでに終わりに近い単発の回遊を如何にして逃さずフッキングさせるかアジングの技術を試せるチャンスとなります今回は遠投覚悟で2.0gJHまで準備してまいりましたアジの活性も下がりますが寒さでアングラーのメンタルも下がり気味です日没迫る東京湾に到着・・・・とりあえずタックルをセットして...
  • 不運の横浜アジング
    前回の爆釣のイメージそのままに横浜アジングしに日没迫る、東京湾横浜エリアへ向かった今回はタックルベリーで購入した中古のアジングロッドを試す為もあったわずか3000円程度のロッドだが、5.6ftという長さと感触がよくて二流ブランドかもしれないが即購入した現地に到着すると風が予報よりも強く極細ラインを使うアジングでは苦戦が強いられる早速、入魂を決めようと5.6ftのロッドをセット短いだけに、遠投は向か...

プロフィール

相模の釣師

丹沢 源流バカサバイバー(遭難者、生存者)相模の釣師の渓流ルアーブログです!

月別アーカイブ